• Taichi Ogasawara

完成しました。#villatakahira/民泊施設/長崎

最終更新: 5月9日



#villatakahira 2018年完成

所在地:長崎県長崎市高平町

主要用途:民泊施設

面積:99㎡

規模:地上2階建て

構造:木造


坂の街で有名な長崎市。典型的な長崎市内の住宅地であるが、長崎市ではその特異な土地形状(坂道で車の横づけが不可)から近年では住民の高齢化により空き家が問題となっている。

行政も含めて様々な議論がなされているが、そのどれもが有効な解決策に至っていない。

前面道路幅員も2m弱しか取れず再建築不可、資材搬入も難しく見捨てられていた空き家の状況をポジティブに捉えることから計画は始まった。

長崎市街地までは徒歩で10分程度であるが急な坂道を登る必要がありバスなどの公共交通も侵入が難しく生活空間としては非常に困難である。

しかし、道路が狭く再開発が進まなかったことにより階段状の街路空間は一種独特な風景を作っており、傾斜地ということもあり斜面地に建つ住宅からは長崎市街を一望できるという特徴がある。

そこで、生活空間としての再活用は諦め、近年増加している外国人観光客をターゲットとした一棟貸切の宿泊施設での活用を考えた。本来、住居専用地域である本計画地では宿泊施設としての活用は不可能であったが、2018年の6月に施行された住宅宿泊事業法により年間180日という制限はかかるものの宿泊施設としての活用の道が開けた。

空間的には大きな間取りの変更を行わず、長年空き家で痛んでいた床、壁、天井の改修と水回りの改修にとどめ営業状態を見ながら今後の追加投資の判断をすることとした。

また、本計画地含めて長崎市内の斜面地住宅街は空き家が増えており、本プロジェクトを契機に斜面地住宅街の抱える問題を解決すべく面的な再開発を進めていく計画である。



上:改修前










  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle

fabbit , 1-1, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka

Copyright© 2017 by Ogasawara Planning Design.All Right Reserved.