• Taichi Ogasawara

セルフリノベのススメ_工事費を抑えるには優先順位をつけるとうまくいく


前回はセルフリノベをすることによって工事費を抑える方法の詳細を書きました。

セルフリノベのススメ_工事費を安くするコツ

今回は全体的にセルフリノベをする場合に工事費を抑える考え方を紹介したいと思います。

その前に、世間でいうセルフリノベはDIY的な考え方とよく混同されるのですが、私が考えるセルフリノベとは、工事や建築の仕組みを理解することによって知識的な部分で上手く工事費を抑えようという考え方です。


では全体的な工事費を抑える上で考える順番です。

以下の2点を意識するだけでもかなり違いますので、ハウスメーカーなどの営業トークに惑わされないでください。

1、工事費の総額では考えない。

建設工事、リフォーム工事においては総額でいくらかはあまり意味がないです。3000万円の建物と1500万円の建物を考えた時に、必ずしも3000万円の建物の方が品質が良いというわけではないです。

聞くとすぐにわかるのですが、違いは面積です。300平米で3000万円の建物と150平米の建物では基本的には同じ品質になります。

平米あたり(日本では坪あたり)の単価がいくらなのかで変わってきます。

ということで、まず一番てっとり早く工事費を抑える方法は面積を絞ることです。全体的に中途半端な工事をするよりも手を入れる場所を絞ってその部分に集中して資金を投下した方がロジックとしては良いモノができます。

2、何が必要かの優先順位をつける

次に必要なことの優先順位をつけますが、費用対効果があるのでその辺もしっかりと考える必要があります。

・見た目を良くしたい

見た目を良くしたい場合は、仕上げだけ変更するので工事費を圧倒的に抑えることができます。仕上げを変えるのは性能にあまり影響が出ないので(建物の性能は上がることもなく下がることもない)DIY的に自分で作業をすると驚くほど工事費は下がります。

プロに頼んでもそれはそれで、安くて早いです。

ちなみに知識もないのに大きな空間が欲しいからと壁や床を抜くと非常に危険ですので絶対にやめてください。(基本的に天井は抜いても大丈夫です。空調効率は落ちますが・・・)

・耐震性をあげたい

地震が来ても安全なように古民家や古家を安く購入して、現代にあった基準を満たした建物にしたい。

これは、よく工務店やハウスメーカーがしきりに宣伝文句に使ってますが、はっきり言ってコスパは悪いです。こういう場合は建物自体を一度スケルトン状態にまで戻して現行基準にあった補強をする必要があり、工事はかなり大掛かりになります。さらに、現行水準まで耐震性能を高めることは、ほぼ不可能と考えてください。

新築以上にお金も時間もかかります。どうしても中古の戸建てやマンションを購入してさらに耐震性も必要な場合は、新耐震基準以降(1981年以降)に建てられた物件を購入してください。

逆に建築基準法以前に建てられた古民家なんかは、これまで残ってきた実績を評価して下手にいじらず、腐朽部分などを丁寧に直して建てられた当時の姿に戻すことによって意外と地震に強いという考え方もあります。

例えば、土壁や基礎、屋根などは昔の知恵や経験則でのロジックで作られていますので下手に手を入れると他の部分に影響が出る可能性があります。

古民家の風情が好きで、そういう雰囲気のものが欲しい場合は、そういう建物が上手な設計者がたくさんいますので新築で建てることをお勧めします。

あと、戸建ての場合は減築するのも一つの方法としてお勧めです。

・断熱の効いた省エネな建物が欲しい

最近の建物は非常に気密性も高く断熱性能が高いです。これと同じ性能を古民家でするのも非常にお金はかかりますが、住んだり生活する場合は非常に満足度が違うので、お勧めです。

この場合も建物全体でするのはコストがかかるので場所を絞って取り組んだ方が良いです。リビングや寝室、あとはヒートショックが起こる可能性が高い脱衣室は優先順位が高いかと思います。

また、断熱性能(熱損失)で一番大きい箇所は窓ですので、窓部分だけでも優先的に何らかの対策を施すと体感温度が違うでしょう。

コスパの良いリノベとしては

見た目>断熱性能>耐震性

となります。

おまけで建物を資産として考えると、駅近のマンションで1981年以降の新耐震基準以降のマンションで管理などがしっかりしているマンションをリノベするのが安全でローリスクで価値の落ちにくい資産になるのではないでしょうか。

#古民家再生 #リノベ #セルフリノベ #工事費 #工事費を安くする #断熱 #耐震 #新耐震基準

59回の閲覧
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle

fabbit , 1-1, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka

Copyright© 2017 by Ogasawara Planning Design.All Right Reserved.