• Taichi Ogasawara

民泊新法とは|住宅宿泊事業法について180日規制


2017年6月9日に国会で民泊新法=住宅宿泊事業法が成立しました。

この民泊新法と呼ばれる住宅宿泊事業法について解説したいと思います。

まず、ものすごく簡単に結論から言うと、

これまでマンションや住宅などの空き部屋に外国人旅行者などをAirbnbなどのインターネットサービスを使って宿泊させるには、旅館業法による簡易宿泊所の営業許可を取得する必要がありました。

民泊・簡易宿所の許可取得の手続きのまとめ

しかし、これがすごく費用もかかるし、そもそもどうやっても許可を取るのが無理なパターンがほとんどでした。

それが今回の民泊新法の成立によって合法的にかなり簡易に(これまでの旅館業の営業許可の取得に比べたら)空き部屋を外国人含めた旅行者に貸し出すことができるようになりました。

今回の法律の制定によって180日以内の営業に関しては住宅としての用途のまま、宿泊料を徴収することができることになりました。

法律の詳しい解説の前に今回の民泊新法でできるようになることを考えてみます。

(これから各都道府県で細かな調整が入りますので、暫定ですが)

1、田舎の市街化調整区域内での観光客受け入れ可能になる。

これは結構、面白いパターンが生まれるような気がします。これが今まで、できなかった理由は以下のブログ記事を参照してください。

田舎の古い民家を宿泊施設として運用できるのか?

2、ホテルなどの建設ができなかった地域でも宿泊者を受け入れることができる。

1に近いのですが住宅専用地域での民泊も可能になります。他の民泊関係の記事では民泊新法によって、この部分を強調していますがあんまり意味はないかと。

3、検査済み証や確認申請図書などがない建物でも宿泊者を受け入れる事が出来る。

これは各行政がどういう判断をするかは未定ですが、今回の民泊新法の条文を読む限りでは可能です。実際古い建物になると、書類関係の不備によって営業許可の申請を断念するケースが多々あります。これは結構大きいのではないかと思います。


では、ここからもう少し詳しい条文を見ていきたいと思います。

早ければ2018年1月から施行されます。(住宅宿泊事業法案

とりあえず目次です。

目次

 第一章 総則(第一条・第二条)

 第二章 住宅宿泊事業

  第一節 届出等(第三条・第四条)

  第二節 業務(第五条-第十四条)

  第三節 監督(第十五条-第十七条)

  第四節 雑則(第十八条-第二十一条)

 第三章 住宅宿泊管理業

  第一節 登録(第二十二条-第二十八条)

  第二節 業務(第二十九条-第四十条)

  第三節 監督(第四十一条-第四十五条)

 第四章 住宅宿泊仲介業

  第一節 登録(第四十六条-第五十二条)

  第二節 業務(第五十三条-第六十条)

  第三節 監督(第六十一条-第六十六条)

  第四節 旅行業法の特例(第六十七条)

 第五章 雑則(第六十八条-第七十一条)

 第六章 罰則(第七十二条-第七十九条)

 附則

今回の法律にあたって3者の用語の定義がされています。

1、住宅宿泊事業者

2、住宅宿泊管理者

3、住宅宿泊仲介者

1、住宅宿泊事業者とは

住宅宿泊事業者とは、経営者にあたります。例えばマンションの一部屋を借りて民泊を始めようと思った場合に借主がこの住宅宿泊事業者にあたります。

2、住宅宿泊管理者

住宅宿泊管理者とは、事業者から依頼を受けて宿泊を管理するもののことを言います。いわゆる代行業者と呼ばれる人たちです。清掃から鍵の受け渡し、旅行者とのメールのやり取りをする人たちです。

自分で清掃から鍵の受け渡しなどを行う場合は、住宅宿泊事業者=住宅宿泊管理者となります。

3、住宅宿泊仲介者

住宅宿泊仲介者とはいわゆるAirbnbなどの仲介業者のことを言います。既存の旅行代理店などで宿泊施設を斡旋する人たちもこれにあたるのでしょう。

基本的なフローとしては

・住宅宿泊事業者が管轄の保健所に届け出を行います。

・住宅宿泊管理者は以下の基準を守る義務があります。

-宿泊者の衛生の確保(清掃や宿泊者数の制限など)

-宿泊者の安全の確保(非常用照明の設置や避難経路の掲示など)

-外国人宿泊客に対する利便性の確保(外国語によるアクセス方法や電化製品の使い方など)

-宿泊者名簿の備え付けなど

-標識の掲示(民泊を行っていることの掲示)

etc

と、なります。

自分で清掃などの管理もする場合は住宅宿泊事業者=住宅宿泊管理者となります。

また住宅宿泊管理者として他の事業者の民泊を管理する場合は登録する必要がありますので、代行業者に管理者となってもらう場合は登録の有無を確認しましょう。

#民泊新法 #住宅宿泊事業法 #住宅宿泊事業者 #住宅宿泊管理者 #住宅宿泊仲介者 #180日

484回の閲覧
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle

fabbit , 1-1, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka

Copyright© 2017 by Ogasawara Planning Design.All Right Reserved.