• Taichi Ogasawara

Airbnbを使ってみたら物凄く気になったこと。


ゴールデンウィークですね。福岡も天気いいです。周りも休んでいるので問い合わせも締め切りもなく比較的ゆっくりしています。

仕事柄出張時にはいろいろなタイプの宿泊施設に泊まるようにしています。海外出張のときはそこそこラグジュアリーなホテルにも泊まりますし、国内ではビジネスホテル、ゲストハウスなどにも泊まります。最近はまっているのが少し価格帯の高いカプセルホテルです。

Airbnbもよく利用していたのですが、国内では最近はあまり使っていません。国内ではマンションタイプのものが多くてたまに利用していたのですがちょっとしたとこが気になって最近はホテルが取れる場合は余り使っていません。

レビューの評価の高いところをなるべく使っているのですが、共通して気になった点があるのでいくつか紹介したいと思います。


1、枕

僕は肩こりがひどくて枕があわないと良く寝れないタイプです。最近はそうでもないのですが昔は実家に帰省する時でさえ枕をもって帰っていたほどです。

国内のairbnbの部屋に共通しているのがニトリやIKEAで家具や寝具を統一していて、それは別に気にならないのですが、ホスト側としてはなるべく費用を抑えたいものですからなるべく安い製品を探します。そのなかでもなんとなく一番安い枕を選んでしまうのでしょうがこれが辛い。ニトリだと一番安いもので400円くらいで買えてしまいます。

ホテルでも枕がよく合わないことがあるので枕問題は難しいのですが、最近のカプセルホテルや一部のホテルでは枕が選べたりするので、民泊でも枕が選べたら嬉しいなと思います。

逆にマットレスが薄くて体が痛いということは意外と少ないです。

2、光

カーテンから漏れる光が気になって寝れません。我が事ながら自分は神経質だと思います。airbnbなどの民泊でも流石に遮光カーテンでないということは少ないですが、隙間から漏れる外部からの光が気になることがよくあります。

カーテン問題が気になってからホテルで宿泊する際に気をつけてその部分を観察すると、国内海外含めてほぼ100%カーテンの光漏れはありません。それくらいホテルを設計する際にはこのカーテンの光漏れ対策はマストな問題なのでしょう。

もう一つ、神経質な自分が気になるのが機械類の点滅の光です。テレビや空気清浄機、デジタル時計やポケットwifiなんかの点滅も気になります。が、これは気にしすぎなのかもしれません。

最近はアイマスクを持参するので本当に気になるときはアイマスクをするので、これも使い捨てのアイマスクが常備してあるような民泊があれば嬉しいです。

3、音

壁が薄くて隣の部屋や上階の音が聞こえることがありますが一時の事なので意外と気になりません。

airbnbなどの民泊物件でなんの音が気になるかというと、それは冷蔵庫と時計の秒針です。最初の枕の時にも書きましたがホストはなるべく費用を抑えて家具や家電を揃えるのですが、特に安い冷蔵庫や中古の冷蔵庫が置いてあるワンルームなどで寝室と一緒の空間に置かれている場合は、凄く気になります。

冷蔵庫は寝室と別けて設置するか、それが難しい場合は静音設計の冷蔵庫を置いてほしいです。

次に気になるのが時計の秒針です。これ意外と気になります。そう思ってビジネスホテルの部屋を見てみるとアラーム付きのデジタル時計が多いのはそういう理由からなのかもしれません。

おすすめは秒針の付いていないタイプの時計です。

これも使い捨ての耳栓が置いてあれば嬉しいです。

以上が意外と共通する民泊物件の気になるところです。最近はスマホ用のコンセントの数とか寝る時の読書灯、タオルや部屋が清潔か?なんかはホスト側も気をつけていて、レビューの高い物件では気になることは殆どないですが、今回紹介した上記3つの気になる所はかなりの確率で遭遇します。こういう所まで対応してくれているとリピーターが増えるんだろうなと思いました。

#airbnb #民泊 #カーテン光漏れ #民泊ここが気になる

127回の閲覧
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle

fabbit , 1-1, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka

Copyright© 2017 by Ogasawara Planning Design.All Right Reserved.