• Taichi Ogasawara

民泊最新ニュース 20170220


民泊関連の最新情報のなかから気になるものをピックアップします。

[1]民泊のルール 年間営業日数の上限など法律案に

住宅の空き部屋などを有料で貸し出す民泊について、国土交通省などは新たな法律案を固め、年間の営業日数の上限を180日としたうえで、都道府県などが条例で日数を定めることなどを盛り込む方針です。 続きを読む. 住宅の空き部屋を旅行者に有料で貸し出す民泊は、外国 ...

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170219/k10010882011000.html

[2]無許可民泊罰金、3万円から100万円に引き上げへ。

政府は2月14日、一般住宅を宿泊施設として活用する「民泊」において無許可営業がまん延していることを受け、無許可営業の罰金額の上限を現行の3万円から100万円へと引き上げる方向で最終調整していることが判明したとロイター日本語ニュースが2月15日付けで報じた。

http://min-paku.biz/news/mukyoka-minpaku-bakkin-hikiage.html

[3]地方ならではの起業。「古民家ゲストハウス」「農業」、アイデアが続々登場 島根・江津市の起業×移住②

私が目にした『ソトコト』の記事のように、そのころから江津を盛り上げようとする人々の交流が生まれていました。にもかかわらず宿泊施設が極めて少ない。一方で地域には空き家が数多く存在する。ならばまずは受け皿をつくろうと古民家を利用したゲストハウスの立ち上げを計画 ...

http://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00394/


[感想]

民泊の営業上限日数が180日になるんじゃないかという噂が前からあって、民泊を推進したい不動産業界なんかは撤廃を求めていました。逆に旅館業界はもっと短い営業上限日数を求めていて、ちょうど中間くらいに落ち着きそうです。次の攻防はこの180日規制が実際に宿泊客が宿泊した日数なのか、それとも宿泊した日数に限らず開業している日数とするのかで意見が割れています。

次の違法民泊の罰金が100万円というのは、本当なんでしょうか?これが本当だとすると見つかって行政から注意されても最悪罰金を払ったほうが特だというような(ほとんどの人は行政から注意があった時に止めますが、反社会的勢力なんかの「や」のつく職業の方たちなんかだったら、お構いなしですよね)判断がなくなるので良いかと。

最後の記事は結局、民泊や宿泊の捉え方として、いわゆる古くからある寝所を提供するというような形態の宿業というのは一定数必要なんですが、これだけ豊かになった人が地球規模で増えてくると、宿の役割も寝るから快適に移っていって次にくるが何か?という事なんだと思います。

とりあえぜ「体験」というキーワードが次にくるんじゃないか言われていますが、この体験というのがよく分からない。とりあえず、個人的にはどうやって「時間」を消費させるかがポイントかなと思っています。

快適に寝れるというのは宿としては必要最低限の条件で、選ばれる宿の条件としては弱いんでしょうね。

#時間消費 #民泊 #旅館業法

43回の閲覧
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle

fabbit , 1-1, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka

Copyright© 2017 by Ogasawara Planning Design.All Right Reserved.