• Taichi Ogasawara

福岡市内で戸建て住宅を簡易宿泊所に用途変更するには


福岡市内で戸建て住宅を簡易宿泊所に用途変更して民泊をしたいという相談をよく受けます。この相談をしてこられる方は、かなり実情をよくご存知な方が多いです。

現状、福岡市内では旅館業法の一部改正が行われた影響で、マンション内での旅館業法上の営業許可を取ることが可能になりました。

しかし、マンション一棟物件を所有でもしていない限り、もしくはマンションオーナーと強い信頼関係が構築されておりマンションオーナーに不利益がおこってもオーナー側が了承してくれる場合以外(ないとは思いますが)、普通の方がマンションの一室を使って簡易宿泊所の営業許可を取って民泊を始めるのは不可能かと思います。

マンション一室でも用途変更する場合は建物一棟での用途変更の申請となるため、そのマンションの用途が共同住宅から共同住宅兼宿泊施設へと用途を変更しなくてはいけません。これをするためにはオーナーにその建物の確認申請図書と検査済み証を借りないといけません。

区分所有の分譲マンションの場合はさらにややこしいです。まず分譲マンション全体の確認申請図書と検査済み証を用意しないといけません。これ多分無理です。その前にマンションの管理規約に引っかかると思います。

と言うことでマンションでの民泊営業はよっぽどの裏ルートで物件を仕入れられる人以外は難しいです。民泊許可物件なんてのがありますが、よく確かめた方がいいです。私の周りで、そこまで物件オーナーに了承をとって賃貸を仲介してくれる不動産屋さんは知りません。そもそも、そんなレアな物件は一般でもなんでもいいんですが、そこの不動産屋さんが先に抑えてしまい、自分のところで運用してます。


となると、普通の方が合法的に(旅館業の許可を取得して)民泊をするとなると、選択肢は戸建てしかなくなります。この場合の戸建ては住宅である必要はありません。改装費用を考えると住宅の方が断然有利ではありますが、法律上はなんでもいいです。

次に抑えておくポイントとしては、

1、宿泊施設を開業しても良い地域か?

2、検査済み証があるか?

この2点が一番重要です。この2点がないと話が前に進みません。特に1の宿泊施設が開業できる地域なのかは一番重要です。2の検査済み証は費用はかさみますが、逆に費用さえかければなんとかなります。宿泊施設が開業できる地域については他にたくさんの情報がネット上で出ていますので確認してください。

中古の戸建てを購入もしくは持っている場合はこの2点をまず確認してみてください。


弊社で 住宅から簡易宿泊所への用途変更&デザインを行ったsen&co.hostelです。

https://www.opd-kikaku.com/sen-co-hostel

最後に一つ。100平米以内の場合の用途変更は建築基準法上、用途変更の届出が不要です。地域によっては100平米以内なら法律上用途変更の届出が不要なこともあり、旅館業の営業許可の取得にあたり確認申請図書や検査済み証が不要な場合もあるようですが、福岡市の場合は旅館業の営業許可を取る場合は添付書類として検査済み証の写しが必要となります。ですので、100平米以内であっても検査済み証は必要です。

関連ブログ

簡易宿泊所の工事費の大体の目安について

セルフリノベのススメ_工事費を安くするコツ
セルフリノベのススメ_工事費を抑えるには優先順位をつけるとうまくいく

#福岡 #簡易宿泊所 #設計 #用途変更

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle

fabbit , 1-1, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka

Copyright© 2017 by Ogasawara Planning Design.All Right Reserved.